So-net無料ブログ作成

舛添新党、その名は「新党改革」 自民に離党届提出(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)ら参院議員6人は23日午後、都内で新党結成の記者会見を行う。新党名は「新党改革」と決まった。(1)デフレ克服(2)カネにきれいな政治(3)国際競争力強化−を掲げ、経済成長戦略の重視や政治家への企業・団体献金の全廃も政策に盛り込むことになった。

 舛添氏と矢野哲朗前自民党参院国対委員長(63)は22日昼、自民党本部を訪ね離党届を提出した。舛添氏は提出後、記者団に対し「いろいろなことがあったが、先のことを考えないといけない。日本の政治を良くするために努力したい」と述べた。

 新党立ち上げの手続きに関しては、改革クラブの持つ政党助成金受け取り資格をそのまま受け継ぐため、舛添氏が改革クラブにいったん移籍した上で、改称する形を取る。

 先に自民党を離党した鳩山邦夫元総務相は、結党メンバーには加わらない考えを示した。

 新党には舛添、矢野両氏のほか、19日に自民党離党届を提出した小池正勝氏(58)、改革クラブからは渡辺秀央代表(75)、荒井広幸幹事長(51)、山内俊夫氏(63)の計6人が参加する。

【関連記事】
「たちあがれ日本」がネットで好評?
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
舛添新党との連携、橋下知事が否定
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」

「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
日医会長、自民参院候補の推薦取り消し提案へ(産経新聞)
JR武蔵野線、運転見合わせ 西船橋−府中本町駅間(産経新聞)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
刺し傷、5人に計44カ所=強い殺意か、愛知一家殺傷−県警(時事通信)

また年取っちゃった「たちあがれ日本」70歳・戸塚氏入党(スポーツ報知)

 元衆院議員で前静岡県掛川市長の戸塚進也氏(70)が13日、都内でスポーツ報知の取材に応じ、新党「たちあがれ日本」に入党することを明らかにした。週内にも同党の平沼赳夫代表(70)、藤井孝男元運輸相(67)と会談し、今夏の参院選で出馬する見込みだ。今後は比例代表か静岡選挙区で最終調整する。同党の平均年齢は69・6歳で、戸塚氏も70歳だが「後世のために捨て石になります」と笑い飛ばした。

 ―新党「たちあがれ日本」に入党する理由は?
??「党の理念が私の考えていることと、とても近い。党の一員になって盛り上げていきたい。藤井さんとは同じ派閥だったし、平沼さんもよく知っている。昨年8月の衆院選前から政界再編は必ずあると思っていた」

 ―同党から参院選の出馬要請があれば受ける?
??「比例はいろいろな候補者を用意しているでしょうが、『行け』と言われればやります」

 ―選挙区は?
??「ポスター張りが厳しいが、それをやってもらえば大丈夫。地元の静岡から出ても面白い」

 ―「選挙の神」とも言われる民主党の小沢一郎幹事長は「高齢者には夏の選挙はきつい」と党内の候補者を差し替えたりしています。
??「シルバー政党でもいいじゃないですか。ちなみに、僕は50年間、一度も寝込んだことがない。選挙は11回やって7勝4敗。相撲で言えば、まだ勝ち越してます」

 ―09年4月の掛川市長選に敗れ、自民党を離党し、国民新党への入党を表明しているが。
??「入っていません。(09年7月)静岡県知事選で、民主、社民の推薦する(現職の)川勝平太さんではなく、無所属の海野徹さん(元参院議員)を応援した。国民新党は、それでは困るということで入党はさせないとのことでした」

 ―4月9日のパーティーでは、落語家の立川談志を招いた。
??「談志さんはあいさつで、小話をしながら『戸塚さんは私と同じでいい人だから、損ばっかりしている。戸塚さんを心配してたけど、元気じゃない。頑張っていかなきゃいけないから、応援してよ』と言ってくれた」

 ―ちなみに「たちあがれ日本」に入党すると党員5人の平均年齢69・6歳をやや押し上げます。
??「後世のために、捨て石になります。みんな、その覚悟でしょう。今後は若い人が入ってくる可能性は高いと思いますし、育てる必要もあります。このままじゃ死ねない。いくつになっても日本の国を憂う気持ちは大事でしょう」

 ◆戸塚 進也(とつか・しんや)1940年1月2日、静岡県生まれ。70歳。74年の参院選に自民党から立候補し当選。2期務めた後、83年に衆院にくら替え。テレビ朝日系「朝まで生テレビ」では、自民党の論客として名をはせた。93年の総選挙で落選。05年に掛川市長に当選したが、再選を目指した09年は落選した。

 【関連記事】
森氏が河野氏に新党入党の勧め
お菓子業界から新党?「かりん党」発売
「たちあがれ日本」参院選10議席目指す
「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」

鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす−男子高生ら逮捕・警視庁(時事通信)
<福知山線事故>JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)

愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)

 通学への不安を訴えていた皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまについて、宮内庁の野村一成東宮大夫は16日の定例会見で、小学3年生になった9日以降、毎日休まず通学されていることを明らかにした。皇太子妃雅子さまが付き添われているという。学習院初等科の関係者らによると、すべての授業には出席されていないという。

<枝野氏>「事業仕分け」の舞台裏記した著作を出版(毎日新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
東国原知事、国政より物産展 舛添氏との連携は「時宜を見て」(産経新聞)

姫路城、4年間は登れません「平成の大修理」本格化(産経新聞)

 世界文化遺産の国宝・姫路城(兵庫県姫路市)で12日、大天守を保存修理する「平成の大修理」が本格化し、大天守への観光客の登閣ができなくなった。西の丸の百間廊下などは見学可能。

 工事の本格化を前に、姫路城には“見納め客”が急増。3月20日から今月11日までに約30万6千人が詰めかけている。

 城管理事務所の職員ら3人が12日午前8時、登閣口に本格工事の開始を告げる看板を設置した後、大天守への入り口になる水四門(みずよんもん)に仮柵を立てて来城者の立ち入りを禁止した。

 今年中に大天守を覆う工事用建屋(素屋根)を建設。市などは当初、大天守を囲むように四方から足場を組み立てる予定だったが、北側を先行する工法に変更し、できるだけ長く正面南側の大天守を外から見られるようにした。

 工事は平成27年春まで。年内には素屋根の壁面に巨大な大天守の線画を掲げ、23年度には素屋根内で瓦のふき替えや白壁の塗り替え作業を間近で見学できる施設を建設する。

【関連記事】
姫路城の桜が開花 兵庫
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理
姫路おでん弁当 流通科学大など開発 
「生涯に一度」の塗り替え見学…大修理を逆手、姫路城観光PR
ひこにゃんにフラれた「女の子ゆるキャラ」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)

<訃報>堀之内久男さん85歳=元自民衆院議員、元郵政相(毎日新聞)

 堀之内久男さん85歳(ほりのうち・ひさお=元自民党衆院議員、元郵政相)31日、肺炎のため死去。葬儀は4月2日午前11時、宮崎県都城市牟田町2の16の攝護(しょうご)寺。自宅は同市安久町4713。喪主は妻サエさん。

 旧中郷村(現都城市)生まれ。中郷村長、県議、都城市長を経て76年の衆院選に出馬し初当選。89年に農相を務めたが、翌年落選。93年に返り咲き、96年に郵政相に就任した。03年に政界を引退した。

小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却−新指導要領に対応・文科省検定(時事通信)
ベランダのプランターに乳児埋める、母親を逮捕(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
<元次官宅連続襲撃>小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。