So-net無料ブログ作成

姫路城、4年間は登れません「平成の大修理」本格化(産経新聞)

 世界文化遺産の国宝・姫路城(兵庫県姫路市)で12日、大天守を保存修理する「平成の大修理」が本格化し、大天守への観光客の登閣ができなくなった。西の丸の百間廊下などは見学可能。

 工事の本格化を前に、姫路城には“見納め客”が急増。3月20日から今月11日までに約30万6千人が詰めかけている。

 城管理事務所の職員ら3人が12日午前8時、登閣口に本格工事の開始を告げる看板を設置した後、大天守への入り口になる水四門(みずよんもん)に仮柵を立てて来城者の立ち入りを禁止した。

 今年中に大天守を覆う工事用建屋(素屋根)を建設。市などは当初、大天守を囲むように四方から足場を組み立てる予定だったが、北側を先行する工法に変更し、できるだけ長く正面南側の大天守を外から見られるようにした。

 工事は平成27年春まで。年内には素屋根の壁面に巨大な大天守の線画を掲げ、23年度には素屋根内で瓦のふき替えや白壁の塗り替え作業を間近で見学できる施設を建設する。

【関連記事】
姫路城の桜が開花 兵庫
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理
姫路おでん弁当 流通科学大など開発 
「生涯に一度」の塗り替え見学…大修理を逆手、姫路城観光PR
ひこにゃんにフラれた「女の子ゆるキャラ」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)
<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。